猫の魅力

私は子供の頃、犬が好きだった。猫も好きだったが、猫は初対面の人間には冷めた対応をすることが多いので、初対面でもフレンドリーな犬の方が好ましかった。マンションに住んでいたので飼うことは出来なかったが、親戚にもらったコリーのぬいぐるみを可愛が...

気づかいをする猫

福千代は好戦的だった。視界に入った猫にはことごとく因縁をつけ、相手が平和を求めてその場を立ち去ろうとしても、しつこく追い回して派手な喧嘩をする。猫の世界ではかなり嫌なヤツだったと思う。 前述の動物病院の看板猫ハナちゃんが「どこがお悪...

傷口を舐め続ける

手術の後、福千代は舐性皮膚炎、いわゆる舐め壊しになってしまった。獣医師は無情にも治らないと言ったが、この異常な行動の原因を考え、対処することで完治した。

猫の不思議

私はM荘にいた時、猫の神秘性を強く感じた。 千歳が亡くなった直後、私はつらくて他の猫を見たくなかった。しかし常連の猫たちは餌をもらいにいつも通りに来るだろう。あげる前から廊下で待機していることも多いので、見ないわけにはいかないだろう...

初めての猫

千歳はまだ2か月ぐらいの子猫の時、家に来た。怪我をしていたところを、一緒にいた兄弟猫とともに保護したのだが、アパートはペット禁止だったので、怪我が治れば里子に出すつもりだった。 すぐに子猫を欲しいという人が現れ、千歳を見て気に入って...

千歳の生まれ変わり?

我が家に来てすぐ、福千代はやたらと耳をかくようになった。耳の中は汚れていないので耳ダニではなさそうだ。しかしあまりにもかゆそうだったので、近所の動物病院に連れて行った。 綿棒で耳垢を取り、顕微鏡で見ること3回、やっと小さい虫を発見し...

「福千代」と命名する

うちの子になったからには名前を付けなければならない。 私は西洋かぶれなので、まずカタカナの名前が浮かんだ。男の子なのでマイケル、トム… 平凡だ。歴史上の人物から、アレクサンダーはどうだろう? チェーザレは? いや、ちょっと違う。日本...

ノラ猫の休憩所M荘で

私が猫を飼っていると言うと、拾ったのか、それとも貰ったのかと聞かれたことがある。答えはそのどちらでもない。ではペットショップで買ったのかというと、それも違う。ある日突然玄関から入ってきてそのまま住みついたというのが真相だ。 当時私が...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました